日本人に多いED

トップバナー

日本人に多いED

日本人の男性はEDになりやすいと言われています。

世界の先進諸国の男性の1割はEDとされています。

では、日本ではどうでしょうか?

現在、症状の大小にかかわらず成人男性の約4人に1人がEDとされています。

また、40代から50代では約半数がEDだとも言われており、20代から30代にかけての若年齢層にEDで悩む男性が増加傾向にあるとされています。

近年では、年齢に関係なくちょっとしたストレスでもEDの要因となりうると考えられており、ストレス社会の環境下で生活していることが少なからず影響しているものと思われています。

ただ、これだけの数の男性がEDで悩んでいるのに、その悩みを相談されるということはほとんどありませんよね。

もし、自分がEDになった時に事を考えると、恥ずかしくて他人に相談できないと思います。

男としてのプライドもありますし、なかなか言えない悩みですよね。

しかし、現在ではほとんどのEDは治すことができると言われています。

なぜならバイアグラやレビトラ、シアリスといったED治療薬はEDの改善に対して非常に効果が高いものだからです。

それに加え、これらと同等の効果が期待できるジェネリック医薬品も開発されており、それら全般の効果や特徴についてはココで見れます

copyright(C)シアリスの特徴辞典